服や小物の手作りに関するブログです。
ブラウスの作り方②袖を作る
2008年09月24日 (水) | 編集 |
前身頃と、後身頃の肩の部分を縫いましたら
次は身頃に袖をつけるわけですが
その前に袖に袖口を作っておきます。

袖口のデザインもいろいろあります。

私は今回、布が足りなくなってしまったので
レースをつけることにしました。

レースは袖より長めにカットしておいたほうがいいです。

袖もレースも端をロックミシンをかけてから
↓ こんな感じに袖とレースの表同士をくっけて縫います。
2008924dd1.gif 2008924ee1.gif
私は間違えてレースにギャザー(ひだ)をよせながら
縫ってしまいましたが、後からゴムを入れるので
ギャザーは入れる必要はありませんでした。

レースは袖より1cmほどずらして置いています。

ゴム入れ部分があるので、レースの長さが無駄にならないように
ずらして置いています。

縫ったら、縫った部分を境に折ます。
そしてゴム入れ部分を作ります。

↓ これが折ったものの表側             
2008924e1.gif
↓ これが裏側
2008924b1.gif

袖とレースの境から袖の1cmぐらいのところを
ミシンで縫ってゴム入れ部分を作ります。
筒状のところができます。

↓ これが縫ったもの (マチ針のところを縫ってます)
2008924f1.gif

そして筒状になった部分に平ゴムを
ほどよい長さ入れてギャザーを作ります。

着たとき手首が痛くならないように袖口は
ゆるめに作ったほうがいいです。

ゴムを入れたら、ゴムの両脇をミシンで縫ってゴムを止めます。
これで袖は一応できました。

レースの端は後でロックミシンをかけるので
この時点ではそのままでかまいません。

↓ 平ゴムとはこのようなものです。



平ゴム



レース




FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト



ブラウスの作り方①
2008年09月24日 (水) | 編集 |
前にも書きましたが
型紙からチャコペンで形を写し裁断したら
端のところをロックミシンをかけておきます。

ブラウスはまず初めに前身頃(胸側)と後身頃(背中側)の
肩の部分をミシンで縫います。

下の画像が縫った物です。
上が前身頃で、下が後身頃です。

お洋服は縫う順番があります。

まあ、好きなように縫ってもかまいませんが
変なところを先に縫うと縫えなくなることろがでてきたりします。

そのときは、ほどかなければならなくなるので
結局は順番通り縫ったほうが合理的だなと思うようになります。

2008923b1.gif
布の縫い方
2008年09月24日 (水) | 編集 |
みなさんご存知かもしれませんが
布の縫い方は下の画像の①のように

型紙をチャコペン等で写した線の上をマチ針でとめます。
このとき大切なのが生地の表と表を合わせなければなりません。

マチ針でとめたら、②の画像のようにしつけ糸で大まかに縫います。
そしてミシンで縫うわけです。

型紙を写すとき使うチャコペンは
水で消えるペンタイプのものが便利です。


2008923a1.gif

20089232.gif



水消しチャコペン




しつけ糸



FC2 Blog Ranking
今ブラウスを作っている最中です。
2008年09月23日 (火) | 編集 |
今ブラウスを作っている最中です。

生地を裁断したら布の端をロックミシンで縫います。

私はベビーロックの糸取物語という
ロックミシンを利用していますが

普通のミシンにサイドカッターというのをつけても
端の始末はできます。

私の糸取物語は4本糸もできますが
3本でも十分なのでいつも3本で縫っています。

もしもソーイングを始めるなら
ロックミシンはあるととても便利ですね。

20089231.gif


サイドカッター


糸取物語



FC2 Blog Ranking
今ちょっとブラウスを作ろうかなと
2008年09月23日 (火) | 編集 |
今ちょっとブラウスを作ろうかなと思ってます。
画像のは型紙を写して裁断したものです。

あまった布があったので適当に型紙を作り
切ってしまいました。

私はいろいろ型紙を作って実験しています。

スクエアネックのブラウスにするつもりですが
どうなることやら……。

生地が足りないのでレースでもつけようかなと思ってます。
ブラウスは市販で売っている型紙でも作れます。

ブラウスを作るときは生地は
T/Cブロードでいいと思います。

ブラウスはだいたい2.5~3mあれば作れます。
心配なら多めに用意するといいですね。
2008921d1.gif


ブラウス型紙

ブラウス型紙


ブラウス型紙


FC2 Blog Ranking