服や小物の手作りに関するブログです。
前ファスナーつきのショートパンツ(ショーパン)完成しました♪
2014年09月08日 (月) | 編集 |
前ファスナーつきのショートパンツ(ショーパン)作ってます。

今までゴム入りのパンツは作ったことがあったのですが、

ファスナーつきは初めてなので、

型紙を自分で作って、試作を数日前に作りました。

いらない生地で作ったので、画像は掲載しませんが。

はじめてにしてはうまくいったので、

ちゃんとした生地で作ればよかったです。

それであらためて冬用の生地で作ることにしました。

ショーパンはベルトをつければ、サイズの調整ができるので、

できれば大きめに作った方がいいです。

小さく作ると入らなくて使い物になりませんし。

今回のショートパンツはファスナーをつけるのと、

ポケットをつけるのができればなんとかできます。

画像は生地に出来上がり線をチャコペンでうつしているところです。

P9050914.jpg

【材料】

生地:2~3m (パンツの股下の長さによって変わります)

ファスナー: 1個

ボタン: 1個

裏地: :2~3m (ロックミシンをすれば裏地はつけなくてもいいです)

型紙: 一応、ショートパンツの型紙を一番下の方に紹介しておきます。

【作り方】

説明するのが難しいところがあるので、

おおざっぱな説明になるかもしれません。

縫う順番は好きな順番でもかまいません。

後ろ身頃から作ってもいいですし、前身頃からでもいいです。

まず、ウエストの所以外にロックミシンをかけておきます。

裏地をつける場合はロックミシンはしなくていいです。

後ろ身頃の中央部分を中表で合わせ縫っておきます。

↓ 待ち針で縫っている所です。(一番下までは縫いません)

P9110986.jpg

今度は前身頃のファスナーをつけます。

カーブしている所に切れ目を入れてからロックミシンをしてます。

縫い代を裏側に倒して、しつけ糸で縫います。

その上にファスナーを置いてしつけ糸で縫います。

ファスナーを置く位置は、上のウエストの出来上がり線より

0.7mm 程度下にファスナーの留め金がくるようにします。

P9110989.jpg

↓ こんな感じになります。(画像は裏側です)

P9110988.jpg

↓ 表からみるとこんな感じになります。

P9110990.jpg

次に、下のような形の物を作ります。

半分に折って、端をカーブさせて縫い合わせます。

P9120991.jpg

↓ このようにカーブの所に切り込みを入れます。

P9120992.jpg

P9120993.jpg

↓ 縫うとこんな感じになります。

P9120994.jpg

↑ ミシンでカーブの所を縫ったら、ファスナーをつけた所につけます。

↓ つけるとこうなります。しつけ糸で縫ったらミシンで縫います。

P9120999.jpg

次に下の画像の形の物をファスナーにつけるのですが、

できあがり線の所を折ります。

P9121002.jpg

ウエストのできあがり線の所から0.7mm 程度下げて、

折った所から 0.7mm 程度あけて、表側にファスナーをつけます。

↓ こんな感じに。

P9121005_20140916123431453.jpg

次に反対側の前身頃をファスナー部分と中表で縫い合わせます。

P9121010.jpg

そして表に返して、端の所を縫いとめます。

↓ しつけ糸の所を縫うのです。

P9121012.jpg 

それから表の所を下の画像のように縫いとめます。

↓ しつけ糸の所をミシンで縫います。(ファスナーが隠れるようにします)

P9121013.jpg

↓ 下の画像の「ここから ここまで」と書いているファスナーの下の所を中表で縫います。

P916105811.gif

次にポケットを作ります。

下の画像の裏地の部分をわかりやすいように黒い生地にしましたが、

同系色の生地でいいです。

↓ ポケット部分なのですが、このような形の物を2枚ずつ作ります。

P9110987_20140916133828a27.jpg

↓ ポケットを全部(4つ)待ち針の所をミシンで縫います。

P9161068.jpg


↓ 前身頃にこんな感じにつけます。

P9151052.jpg

↓ 待ち針の所を縫うのです。

P9151053.jpg

縫った所を表に折り返して、縫いとめます。

P9151055.jpg

↓ 待ち針を打った所を縫うのです。

P9151056.jpg

それからポケットと、ポケットを縫い合わせます。

↓ 待ち針の所です。
P9161070.jpg

ポケットを縫い合わせたら、

前身頃と後ろ身頃の両側を中表で縫い合わせます。

P9221122.jpg

又下も前身頃と、後ろ身頃を縫い合わせます。

P9221123.jpg

そしてウエストとベルト部分をつけます。

ベルト部分の生地を本体の裏側に中表でおいて縫います。

P9221125.jpg

↓ ベルトの端はこんな感じに折ります。

P9221126.jpg

↓ 次にこんな感じに折っていきます。

P9221127.jpg

↓ 全体おったら、縫います。

P9221129.jpg

ベルトを押さえるベルト通しを

下の画像完成画像ではまだつけていませんが、

お持ちのパンツを見ながらつけるといいと思います。

ベルト通しはこんな感じに折ります。

P9221134.jpg

折ったら縫い合わせます。

P9221135.jpg


裾を裏に折って縫います。

P9221124.jpg

ファスナーの上にボタンホールとボタンをつければ完成です。 

ちょっと裾が長い感じがするので、短くするかもしれません。

20149261.gif









スポンサーサイト



テーマ:手づくりを楽しもう
ジャンル:趣味・実用