服や小物の手作りに関するブログです。
ロングドロワーズを作りました♪
2015年09月03日 (木) | 編集 |
冬になるので、ロングスカートをはいた時に暖かいように

ロングドロワーズを作りました。

丈は股下の丁度いい長さにしてください。

【材料】
・綿の生地2mぐらい(薄めの生地にしてみました)

・幅広レース:1mあればたりると思います。
2段にする場合はその分増やします。

↓ 広幅綿レースはこんな感じです。



・平ゴム:4mmか、5mmのもの。100店とかで売っています。

・型紙:私は自分で作りましたが、

↓ こんなパジャマの型紙が使えるかもしれません。



【作り方】

今回、丈は55cmぐらいにしました。

生地を折って(輪裁ち)、型紙から写します。

↓ 切るとこんな感じになりました。(折っているので倍あります)

P9010328.gif

↑ 左側が輪です。

同じものを2枚切ります。

縫い代の所をロックミシンか、

ジグザグ縫いで処理しておきます。

↓ 2枚を広げて中表で合わせ(上の写真と同じですが、広げると倍あります)

P9010328aa.gif

↑ やじるしの所を裁い合わせます。

裾までは縫いません。

次は裾の部分です。

本体の裾の上に中表で広幅のレースを置きます。

↓ この時、レースを本体とずらして置きます。

P9010332.jpg

ゴムいれ部分を作るために生地をずらしています。

↓ そして写真のまち針の所を直線縫いします。

P9010331.jpg

↓ 表にして、縫い代を本体側に倒し、

P9010334.jpg

ヘムステッチ(追いかけだたみ)をします。

ヘムステッチをした1cmほど上の部分を縫って

ゴムいれ部分を作ります。

※ すぐ下の写真の緑の待ち針がヘムステッチで、

ピンクの待ち針がゴム入れ部分の縫う所です。

P9010336.jpg


下の写真のように広げます。

パンツのような形になるはずです。

↓ 赤い線の所を縫います。
P9010341.gif

↑ ずれると嫌なので、またぐらの所から縫っています。

裾の長さがずれた場合は縫い直します。

ウエストのゴム入れ部分(細長く切った布)を本体につけます。

↓ 「こんな布」と書いていますが、こんな感じの布です。

P9010341aa.gif

↑ 本体のウエストと同じ長さ×6cmぐらいの布です。

そのゴム入れ部分を輪にし、本体と縫い合わせます。

全部縫わないで、ゴムを入れるため

一部開けておきます。

P9010342.jpg

開けておいた所から細めの平ゴムを

上下にわかれたゴム入れ部分に二本通して、

端を結んで、ゴムを入れた開いている所をミシンをかけます。

P9010344.gif

裾にもゴムを入れ、ちょうどよく裾をすぼめます。

ウエストゴムも、裾のゴムもきつくなりすぎないように、

ちょうどよい感じにしてください。

これで完成です。

ちょっと太めになったので、

次はもう少し細めに作ろうと思います。

薄めの生地にしたら、肌触りもよく

パジャマがわりにしてもよさそうです。


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック