服や小物の手作りに関するブログです。
子どもサイズのドレスを作りました♪
2015年12月14日 (月) | 編集 |
子どもサイズのドレスを作りました。

たのまれて2着作りました。

このドレスは2回ほどいらない生地で試作しました。


【材料(1着分)】
サテン生地: 2~2m50cm
ソフトチュール:1~2m
ファスナー: 1本
レース:1m

※ 生地の長さは子どものサイズで変わりますので、
多めに用意しておいた方がいいかもしれません。

【作り方】
今回は前に作ったワンピースの型紙を使いました。

型紙から写して裁断しました。
PB160714.jpg

↓ 型紙はこんな感じのでもいいと思います。


型紙によって作り方が変わることもあります。

前身頃と後ろ身頃の肩のところと脇を

中表で縫い合わせます。
PB160717.jpg


前身頃と後ろ身頃の見返しを縫い合わせます。
PB160720.jpg


縫ったところはそのつどアイロンで開いておきます。
PB160721.jpg

身頃と見返しの襟の部分を中表で縫い合わせます。

縫い代が起きてないように

ミシンの直線縫いでコバステッチをかけて押さえます。
PB160722.jpg

↓ 下のイラストの点線の所(後ろ身頃も)
20151214a1.gif

袖口にレースをたたき付けました。
PB160728.jpg

袖をふんわりさせるときは、

袖山にギャザーをよせます。

ギャザーをよせないシンプルな袖にするなら

ギャザーはよせません。

ギャザーをよせるときは、

ミシンの縫い目を最大にして

↓ こんな感じに二段縫います。
PB160726.jpg


そして糸の両端を引っぱってギャザーをよせました。
PB160730.jpg

そして袖と身頃を中表で縫い合わせます。

↓ 上が身頃で下が袖です。
PB160731.jpgPB160733.jpg
スカートは後ろにファスナーをつけるので

前と後ろ3枚を縫い合わせています。

スカートにギャザーをよせました。
PB160735.jpg


スカートのサテン生地に

ソフトチュールをぬいつけています。
PB160736.jpg

スカートと身頃を中表で縫い合わせ、

直線縫いのコバステッチで縫い代が起きてないようにします。

スカートの裾を折ってミシンで縫います。

そして後ろ身頃とスカート左右を粗い目のミシンで縫い合わせ、

上(首の所)からファスナーの開きどまりまで、

ミシンの糸をほどいて

ファスナーをつけます。

ウエストのところにつけるリボンの端を

三つ巻で縫うのですが、

サテンがつるつるして縫いにくい感じなので

しつけ糸で縫ってからミシンで縫いました。
PB180749.jpg

リボンをウエストの両脇につけます。

↓ こんな感じです。
20151214s1.gif


これで完成です。

下の画像はズンドウな感じですが、

子どもに着せてウエストリボンでしぼると

ふんわりしたドレスになります。

DVC00017.gif



PB190752.jpg

ソフトチュールがかわいくてまた使いたいなと思いました。

↓ 今回使ったソフトチュールはこれです。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック