服や小物の手作りに関するブログです。
縫う前の下処理☆水通し
2009年06月14日 (日) | 編集 |
今、ブラウスを作っているところです。

服を作る前のことについてなのですが

生地を手芸店などから買ってきて

すぐ縫いたいと思うと思いますが

下処理をしておいたほうがいいです。

生地を買ってきたままで縫うと

問題が起こることがあります。

生地は水につけると縮むことがありますし

色落ちすることがあります。

私は先日、黒い生地を「水通し」と言いますが

水につけてみました。

するとその生地の色落ちがすごくて

結局はその生地は使わないことにしました。

水通しをせず、作って洗濯したら縮んだり、色落ちすると

せっかく作ったのに着れないなんて

残念なことにもなりかねません。

ですから生地を買ってきたら水通しをして

生地にアイロンをかけて、型紙を生地に写し裁断します。

上手に縫えるとうれしいですし

自分の希望のデザインが作れてたのしいものです。



↓ 黄色っぽい生地でフリルつきのブラウスを作ってます。

20096150005_001.gif
テーマ:手づくりを楽しもう
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック