服や小物の手作りに関するブログです。
ジャンパースカートができました♪
2014年05月28日 (水) | 編集 |
ジャンパースカートができました。

前にもジャンパースカートの作り方を掲載しましたが、

少し形が違うので、一応作り方を掲載します。

【材料】

・生地 : 3m (初心者の方は間違った時のために多めに用意した方がいいです。型紙によってもっと必要かもしれません)

・ボタン : 2つ(小さめの物。肩紐のところにつけます)

・シャーリングテープか、平ゴム(ソフトゴムテープ)

・トーションレース(今回つけましたが、なくてもいいです)

【作り方】

↓ これは型紙です。
20145131.gif

今回の生地に柄があるので、

ちょっと柄のどこを使うか考えたりしました。

↓ 型紙を作って、生地を裁断したことろです。

20145161.gif

型紙のデザインによって縫う順番が違うと思います。

まず前身頃の中央部分を縫いました。(矢印の所です)
2014517221.gif

縫った部分の縫い代の余分な部分を

5㎜程度残し切り落とします。

次は肩紐を作ります。

私は今回トーションレースをつけるので、

トーションレースを下の画像のように置いて、

生地を中表にして縫いました。

201452311.gif

下の画像のしつけ糸の部分を縫い、

201452321.gif

表にひっくり返します。

201452331_201405231426309ee.gif

そして身頃の上の部分の表地と、

裏地の間に肩紐をはさんで縫います。

この時にトーションレースもはさんで縫っています。

20145231.gif

縫ったら、縫い代部分を 5㎜程度残して切り落とします。

前身頃は立体裁断にしているので、

それを縫い合わせると下の画像のようになりました。

2014524123451.gif

縫い代を落ち着かせるために、

表側から縫い代が上向きになるように縫い止めます。

201452871.gif


シャーリングテープでも、平ゴム(ソフトゴムテープ)でもいいですが、

後ろ身頃に5ヶ所ゴムでシャーリングにします。

一番上はゴムを入れ部分を折りたたんで作ります。

一番上と下は後ほどするので、

ここでは中の3ヶ所のみ縫います。

今回私は平ゴムを使いました。

ミシンで縫うとき、ゴムを伸ばしながら縫います。

1452812.gif

↓ ゴムをたたきつけるとシャーリングになり縮みます。
201452811.gif

前身頃と後ろ身頃を中表にして片方だけ縫います。

↓ こんな感じになります。(肩紐の端の方に後でボタンホールを作ります)

201452831.gif

後ろ身頃の上の所にゴムを通し、

シャーリングして縮めたら、両端をミシンで縫いとめます。

それから身頃とスカートを中表にして縫い合わせます。

前身頃側は下の画像のように「箱ひだ」にしました。

後ろ身頃はそのままの状態で、

前身頃と縫い合わせます。

後ろ身頃の方に後からゴムを叩きつけるので、

シャーリング状態になります。

201452861.gif

後ろ身頃の一番下にゴムを叩きつけます。

身頃とスカートの脇を縫い合わせ

肩紐の端の方にボタンホールを作って、

後ろ身頃の上の方にボタンを2つつけたら完成です。

201452881.gif

つけなくてもいいのですが、

リボンもつけてみました。

201452891.gif


リボンの作り方ですが、

中表で生地を折って、下の画像の赤い線のところを縫います。

真ん中のところはひっくり返すために

開けておきます。

2014517331.gif

表にひっくりかえします。

201452651.gif

ひっくり返したら、下の画像のように折って端と端を縫いとめます。

2-1452661.gif

リボンのサイズによりますが、

今回は8cm×4cmぐらいの生地の

201452661.gif

両端を折ります。

201452671.gif

これをリボンの中央に置いて、

裏側で端を折って、縫いとめます。

201452681.gif

リボンの完成です。

20145271.gif

テーマ:手づくりを楽しもう
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック