服や小物の手作りに関するブログです。
ファスナーのつけ方♪
2014年08月21日 (木) | 編集 |
フレアースカートを作っているのですが、

ファスナーのつけ方をこちらで別に紹介します。

私のやり方とは違う方法もあるかもしれません。

参考程度にどうぞ。

パーカーとかもこの方法でつけられます。

まず、ファスナーをつける所を、ウエスト部分から裾まで、

粗いミシン目(大きいミシン目)で縫っておきます。

なぜ粗いミシン目かと言うと、ファスナーをつける所をほどくからです。

ウエストの所の出来上がり線のちょっと下(0.7mm程度)あたりに

ファスナーのスライダー ( これです→http://www.ykkfastening.com/japan/product/sls/)が

くるようにファスナー置きます。

ファスナーがつく所まで、ミシンで縫っていた所をほどき、

ファスナーの下になる粗いミシンをかけた所を

普通のミシン目で縫い直します。

そして縫い代とファスナーのみを待ち針で止めます。

縫い代とファスナーのみです。

表地は縫わないように。

↓ こんな感じです。

P8200665.jpg

そしてしつけ糸で縫います。

P8200669.jpg

縫い代とファスナーをミシンで縫います。

スライダーがじゃまな時は、

スラーダーを上下に動かします。

↓ 下の画像の針のあたりを生地とファスナーをそろえて縫います。(ファスナーを開けて縫っています。)

P8200672.jpg

↑ ファスナーの「エレメント(務歯)http://www.tokyo-metal.jp/081/」が内側になります。

「テープ http://www.tokyo-metal.jp/081/」の部分が外側です。

ファスナーを縫う時は、ファスナー押えというのを使うといいです。

↓ 縫うとこんな感じになります。

P8200677.jpg

生地を表にひっくり返して、

ファスナーが見えないように生地をくっつけて、

しつけ糸で縫います。

P8200679.jpg

そしてしつけ糸の所をミシンで縫ったらできあがりです。

ファスナーが長い場合はハサミで切ってください。

P8200687.jpg
テーマ:手づくりを楽しもう
ジャンル:趣味・実用
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック